今日の市議会広報公聴委員会での若者-中・高・大学生・議員とのオンラインカフェトークの午前のテーマは「環境」でした。 参加者のみなさん、ほんとにたいへんお疲れさまでした。

 実は、私としては世界の気候危機問題を反映して、炭酸ガス排出ゼロの運動を期待したが、多くのみなさんの関心のキーワードは、ゴミ・プラごみ・海岸ゴミ清掃・川からのゴミ・江ノ島のゴミ・観光客のマナー・観光公害・排気ガス・人災・若者の取組・地域密着の取組への参加・目標・動機付けとしてのご褒美・発信したい・環境憲章決まり事をつくる、、など20分間×3ラウンドの意見交流でした。
 私も地域活動の夢としての湘南はまぐりの再生の取組や地元の浜草である浜防風の育成の自分の取組の紹介と同時に、世界的地球規模の炭酸ガス削減にふれて、5月に浜昼顔が咲くころ、海岸を茅ヶ崎の海浜植物生態園まで歩いてほしい、ゴミ袋をもって、の話もしたがなにせ時間が短いですね。
 やはり議員と若者の問題意識のギャップは大きいものがありました。このまま黙っていたら2030年には必ず100年前より1.5度の気温上昇、そうなれば台風、高潮、熱中症は当たり前にもなる。 藤沢市が気候非常事態宣言しているということが一回も出てこなかった会にしてしまったことを、私自身も反省しています。これから、こういう現状もふまえて、児童生徒への温暖化教育にも取り組まないと大変なことになります。

この記事へのコメント

湘南一人オンブズマン
2021年12月01日 12:36
【拡散希望】2021/12/1(藤沢市議会)建設経済常任委員会

村岡地区のまちづくりの取組について

(中継録画約43分)https://youtu.be/Lk1VjmktXCA

#藤沢市 #村岡地区 #村岡新駅 #深沢地区 #都市計画決定 #洪水浸水

この記事へのトラックバック