ご近所さんの店その③。豆腐製造小売店

今日は大久保豆腐店で買物をしてちょっとだけお話を伺いました。ちょっと寒くなってきたので、湯豆腐を食べたいから。「どちらにしますか?」-この問いは恐らく今の人はわからないかもしれません。私も久しぶりに懐かしい言葉をきいた。「木綿を二つ」。がんもどきは今日はもう売り切れで、厚揚にしました。他に茅ヶ崎の取引店より仕入れたこんにゃくもしらたきもあります。あと白菜があればなべものでもすき焼きでもできますね。
 奥にはボイラー、豆擦り機、加熱器・絞り機などが並んでいた。一度作るところをみたいものです。聞くとこの機械の維持費もかなりのものだとのことでした。藤沢で60年前には42軒のお店が今では6軒しかないと伺った。
 いつまでも残したいですね。地元で、できたての豆腐を買いましょう。
追)写真は早速の湯豆腐、厚揚げと七味。
画像

画像

画像

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック